< 戻る

ノロウイルスってなーに?今すぐできる、予防と対策

冬になり、大流行の兆しを見せているのが、ノロウイルスによる感染性胃腸炎。
子どもや高齢者は重症化しやすいため、お子さんをお持ちのママ・パパは気が気でないはず。

そんな気になるノロウイルスの予防方法と、もし発症してしまった場合の対策についてまとめました。

どうやって感染するの?

ノロウイルスは、感染した人の便や・嘔吐物などに触れたり、空気中を漂っているくしゃみや咳などのしぶきを通じて経口感染(口から感染)します。
また、生牡蠣などの二枚貝が感染源となる場合があります。
感染後、1日から2日の潜伏期間の後、発症します。

アルコール消毒では防げない? 予防のポイント

強い耐性があり、アルコール消毒では効果がありません。
石けんに対しても耐性がありますが、泡立てた石けんで手をよく洗うことで、ウイルスを完全に洗い流すことができます。
予防対策の基本は、手洗いです。
普段から爪を短くきり、指輪を外して洗うことも大切です。

タオルの共用はNG。調理器具は清潔に。

タオルを共用していると、そこから感染が広がる可能性が高いので注意。
また、調理器具も、つねに清潔に保つよう、注意しましょう。
キッチンハイターなどの次亜塩素酸ナトリウムで消毒するか、85度以上の熱湯で1分以上消毒するのが有効です。

主な症状と対策

ノロウイルスに感染してしまった場合、発熱症状のあと、激しい嘔吐と下痢が始まります。
熱は38度以下である場合が多く、チクチクした腹痛症状が出ます。
有効な抗ウイルス剤がないため、水分や栄養補給に気をつけながら、安静を保って自然治癒を待つしかありません。

家族が感染してしまったら

感染者のオムツや嘔吐物の中のノロウイルスは、時間が経つと乾燥し、空気感染の原因となります。
嘔吐物を処理する場合には、細心の注意を払い、使い捨てのマスクやペーパータオルなどを使用し、 薄めた次亜塩素酸ナトリウムで拭き取るとよいでしょう。範囲が狭い場合は、クロスを当ててスチームアイロンで熱消毒するのも有効です。
拭き取りに使用したペーパータオルや手袋は、ビニール袋に密閉して廃棄しましょう。